畳の替えは専門業者に依頼するのが鉄則|仕上がりが綺麗

インテリア

表面がデコボコしてきたら

室内

替えるタイミングとは

和室には欠かすことのできない畳は、い草の香りが気持ちを落ち着かせリラックスさせてくれる効果があります。新築の一戸建てで、建てたばかりの部屋だとい草の香りは充満しているのですが、長年住んでいるとその香りも段々としなくなってきてしまいます。そればかりか、畳にはさまざまな効果があります。湿度調節機能、空気中に二酸化窒素など有害物質を吸着、弾力性などがあります。これらの効果も年月とともに薄れてきてしまいます。また、畳の表面がデコボコしてきてしまったり、い草の1本1本のすき間が空いてきてしまったら張替えのタイミングであるといえます。別に張替えをしなくても気にしなければ生活をすることができるのですが、ひどいどカビが発生きてしまってハウスシックの原因ともなりますので、定期的に張替えは行ったほうがよいのです。張替えは3種類あり、裏返し、表替え、新調です。裏返しは、畳表を裏返しにして使っていない部分を表にすることで表面を新しいものにします。い草の香りもまたしてきます。表替えは、畳床をそのままにして畳表を取り替えます。新調は、畳自体をすべて新しいものに交換する張替え方法です。個人でも張替えをしようと思えば、できないことはないのですが、張替えするのは1畳だけではありませんし、それなりのスペースが必要になります。来客のための部屋であればなおさら仕上がりは気にしなければなりませんので、プロの専門業者に依頼したほうがよいです。

い草の香りでいい気分

和室

畳替えのタイミングはいつなのか、またどんな畳替えが必要なのかチェックしておきましょう。畳の構成要素や使用する材料も様々です。また、大まかな価格相場も確認しておきましょう。

今年の年末どうしますか

障子

自宅の障子の張替えをするときは専用の障子糊や両面テープを使いましょう。自力では難しいと感じる方は業者に依頼することができます。業者に依頼する費用は紙によっても変動するので、業者と相談して決めるといいでしょう。

快適に安全に暮らすため

畳

吸湿性のある稲やい草で作られた畳を設置しておくと、室内の湿度は下がっていきます。湿度が低い時には、逆に湿気が放出されることで、上昇していくのです。さらに空気中の有害物質も吸収されますし、フィトンチッドも放出されます。ただし、い草が劣化すると効果が失われるので、定期的に張替えをすることが大事です。